【 よくあるご質問 】

Q.”森の学校 楠学園”は体験教室のようなものですか?

A.いいえ,全日制の学校です。自由な校風の私立小学校のようなものと考えてください。
ゆくゆくは学校認可をいただきたいと考えています。

Q.公立の学校へ行かなくて,ちゃんと卒業できるのですか?

A.フリースクールへの出席日数は,学籍をおいている学校の判断により,ほとんどの場合
代替出席として認められます。 そのため,たとえ学籍のある学校に1日も通わなくとも
卒業することができます。学籍のある学校との関わり方は様々ですが,その子にとって
一番いい状態を探り,見守っていけるように話し合いましょう

Q.小中学校って,義務教育ではないんですか?

A.よく誤解されるところですが,義務教育の義務とは「子どもが教育を受ける権利を守る義務」
であって,「子どもが教育を受けなければいけない義務」ではないのです。
その子の成長にとって適切でない状況を無理強いする必要はありません。

Q.不登校の子どもが対象ですか?

A.自己実現をめざす子どもたちが対象です。
いわゆる不登校児と呼ばれる,いまの学校制度に合わない子どもたちにはその可能性が
十分あるのではないでしょうか。
その子だけが持っている資質を大切に伸ばしてあげたいと私たちは考えます。

Q.障碍(がい)がありますが通えますか?

A.もちろんです。
物理的な問題はクリアにしていく必要がありますのでご相談ください。

Q.外国籍ですが通えますか?

A.もちろんです。
言語や習慣などで困難さがある場合はご相談ください。

Q.体験活動重視では学力が心配です

A.楠学園では,長い人生の中で本当に役立つ力を身につけることを目的としています。
知識よりも知恵を,そして新しい時代を切り開く実力を。
また卒業生が優秀な成績を収めていることから,学力に関しても問題ないと考えます

Q.フリースクールは全寮制の所が多いと聞きましたが

A.私たちは学校と家庭の両面から子どもを育めればと考え,通学制と寮生を併用しています
寮について詳しくは別ページをご覧ください

Q.公立学校のやり方を否定しているということですか。

A.いいえ。
公立学校には素晴らしい歴史があり,現場の先生方も本当に頑張っていらっしゃいます。
伝統を受け継いでいたり,地域の特色を出しているユニークな学校も多くありますよね。
ただ,残念ながら現代の社会では,心ある方ほど無理をして疲れてしまうのが現実です。
先生だけでなく,親御さんや子どもたちも。
だからこそ,枠にとらわれない primary(本来の・本質的)な学校をつくりたいと考えました。

Q.他県に住んでいます。遠くて通うことができません

A.まずはお近くで,または寮のあるところで望むような学校がないか一緒に探しましょう。
フリースクールは小規模で運営しているところが多いため情報を得にくいのが現状ですが,
探せば魅力的な学校はあるものです。

Q.保護者としてできることはありますか

A.森の学校楠学園では,保護者の方や地域の方に積極的に子どもたちと関わっていただき
たいと考えています。行事の時はもちろん,特別講師や学校内活動のお手伝いとしてきて
いただくなど,いろいろな関わり方があります。(義務ではありません。)

Q.学費はおいくらですか?

A.年額420,000円(月額 35,000円)となります
ほとんどの教材費・研修費などを含みます

Q.入学するには,どうすればいいのでしょう

A.まずはお気軽に見学にいらしてください。面談や体験入学等を通してお互いの希望や現状を
話し合い,合意が得られましたら入学となります。
定員に余裕があれば,4月に限らずいつでも入学可能です。

Q.誰でも入学できますか

A.すみません。誰でもは入学できません。
保護者の方が学校の趣旨・方針をご理解下さっていること,それに本人に通う意志がある
ことが条件です。

Q.小・中学生以外は通えませんか

A.基本的には小中学生となります。
未就学児の場合,身の回りのことを自分ででき,自分の意思を伝えられる場合は
受け入れ可能な場合があります。ご相談ください

Q.職員に講演や出前授業をしてもらえますか

A.講演や研修等のご依頼は,学園の運営に支障のない範囲でできるだけお受けします。
子どもたちに充実した環境を提供するためにも,そのようなお話は嬉しいです。
ご依頼をお待ちしております。